日米共同訓練に対する抗議文

  • 2012.08.21 Tuesday
  • 07:16
沖縄とむすぶ市民行動・福岡は、8月19日から大分県の陸上自衛隊日出生台演習場ではじまった陸上自衛隊と沖縄の米海兵隊との「日米共同訓練」の中止を求める抗議文を、福岡のアメリカ領事館と九州防衛局を通じて日米両政府に提出しました。



バラク・オバマ アメリカ合衆国大統領 殿
ケネス・グラック アメリカ海兵隊第三海兵遠征軍司令官兼在沖米四軍調整官 殿
ジェイソン・R・クーバス 在福岡アメリカ領事館首席領事 殿
野田佳彦 総理大臣 殿
森本 敏 防衛大臣 殿
廣瀬行成 九州防衛局長 殿


抗 議 文

日出生台演習場で8月19日からおこなわれる日米共同訓練に抗議し、中止を求めます。

8月19日より30日までの12日間、大分県の陸上自衛隊日出生台演習場において、10年ぶりとなる日米共同訓練がおこなわれると聞きました。陸上自衛隊が別府駐屯地を中心に300人、米軍が沖縄駐留の第3海兵師団戦闘攻撃大隊を中心とする300人、計600人規模とのことです。

8月のこの時期は、演習場内で牛の放牧をおこなっている地元住民にとって最も忙しい農繁期であり、観光地湯布院や玖珠・九重は1年で最も多くの観光客が来訪する観光シーズンです。その最中に、日米共同の軍事訓練がおこなわれるというのは前代未聞であり、住民への配慮を一顧だにしない暴挙であります。

今年2月の米海兵隊による日出生台での実弾砲撃演習では、過去最大級の砲撃演習が昼夜問わず強行され、さらに完全武装した米兵と軍用車輌が演習場外の県道に出てくるという事件が起こり、住民をこれまでにない不安と恐怖に陥れたことはまだ記憶に新しいところです。

加えて、大分県内を含む九州内で、墜落の危険性の高い米軍の新型輸送機オスプレイの低空飛行訓練が実施されることが明らかになり、強い抗議の声があがっています。

在日米軍は、これまで常に住民の懸念や抗議の声よりも自己の軍事的目的を優先させており、必要とあらば住民の生命と財産、平穏に暮らす権利を平気で踏みにじることも厭いません。そして、日本政府は在日米軍のそのような好き放題を容認し、擁護しています。そのことは、沖縄をはじめ米軍基地を抱える地域の住民が常にあらゆる場面で身にしみて感じているものです。

在日米軍は、ひたすらアメリカの「国益」を守り全世界において戦争をするために、日本各地に駐留しているものです。そして、その戦争に自衛隊も加わって、海外での「共同行動」「共同作戦」をよりスムーズにすすめようとする目的の日米共同訓練は、絶対に許されません。

地域住民の意向と懸念を踏みにじっておこなわれる日米共同訓練に強く抗議し、その中止を求めます。


2012年8月11日

沖縄とむすぶ市民行動・福岡
福岡市東区舞松原5-27-25
おかもと小児科クリニック気付
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM