日本の空は誰のもの?岩国基地強化とオスプレイ低空飛行訓練を考える

  • 2013.01.09 Wednesday
  • 23:32
日本の空は誰のもの?
岩国基地強化とオスプレイ低空飛行訓練を考える


 新型輸送機オスプレイを日米両政府は昨年10月沖縄・普天間基地に強行配備しました。配備後、沖縄での訓練は事前の合意に違反して住宅密集地上空で危険なヘリモードや飛行訓練を繰り返しています。またオスプレイ配備にあわせて沖縄・高江で防衛局は着陸帯の本格工事をおこなっています。
 本年早々、全国7ルートでオスプレイの低空飛行訓練がはじまろうとしています。
 オスプレイは航続距離や搭載量など格段の性能をもつ輸送機とされていますが、昨年4月モロッコで米兵2人が死亡、6月米国で5人が負傷、7月機体の不具合で米国南部の民間空港に緊急着陸するトラブルをおこすなど、開発当初から墜落事故を繰り返してきた欠陥機です。また騒音など住民被害を拡大する機種です。正月3日沖縄で飛行訓練を行い97デシベルの爆音を撒き散らし住民の怒りをかっています。
 沖縄では宜野湾市など全市町村で配備反対の決議や意見書を採択し、昨年8月には過去最大規模の県民大会を開催しオスプレイ配備に反対の声を上げました。また12月普天間基地前での抗議デモに続き、正月3日には自動車デモを行い抗議行動を継続させています。
 また岩国やその他飛行訓練直下の地域でも反対の声が上がっています。自治体も監視行動や意見書などを採択し、全国で住宅密集地上空を飛行し、住民の命と生活を危険にさらすオスプレイの低空飛行訓練NO!の声を上げています。
 安倍内閣は、沖縄辺野古新基地建設を推進することを明言しています。防衛省はオスプレイを次期輸送機として導入する計画です。米軍の沖縄でのオスプレイの飛行訓練の実態も調査しようとしていない安倍内閣−防衛省を断じて許せません。
 全国7ルートの低空飛行訓練の拠点として、また2017年にF35戦闘機の配備方針が明らかになった岩国基地の強化反対運動を担ってこられた岩国市の田村順玄市議をお招きします。岩国基地強化、沖縄での飛行訓練の実態、今後予想される本土での飛行訓練の問題などに焦点を当て、講演会を開催します。ともにオスプレイ配備を撤回させ、低空飛行訓練をやめさせましょう。


日 時 2月10日(日)13:00〜17:00
会 場 ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)研修室
     http://jinken.city.fukuoka.lg.jp/facilities/index
     福岡市博多区下川端町3番1号 博多リバレイン・リバレインオフィス10階
     地下鉄「中洲川端」駅・西鉄バス「川端町」バス停下車すぐ

より大きな地図で 福岡市人権啓発センター を表示
参加費 800円

【講師:田村順玄さん プロフィール】
岩国市議(リベラル岩国)。1945年生まれ。岩国工業高校卒業後、64年岩国市役所に就職。職場では港湾行政をあゆみ、組合では市職員組合委員長など就任、岩国市職平和研究所を設立し平和運動をになう。30年2ヶ月の勤務を経て、95年市議に初当選、以後4期。95年2月、ミニコミ紙「おはよう愛宕山」を創刊、以来2週間毎に発行を続ける。基地監視団体「リムピース」運営委員、「ピースリンク広島・呉・岩国」の岩国の代表などを務める。

【集会次第】
ドキュメント上映  「日本の空は今も占領下?オスプレイと低空飛行訓練」(30分)
  講   演   田村順玄・岩国市議会議員(60分)
  質   疑   (30分程度)
ドキュメント上映  「標的の村(60分版)」(60分、沖縄高江)

主 催 沖縄とむすぶ市民行動・福岡
     http://www.okimusu.info/
     福岡市東区舞松原5-27-25 おかもと小児科クリニック気付
連絡先 TEL 090-1364-2261(木下)
    E-mail info@okimusu.info

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM