映画「はての島のまつりごと」福岡上映会

  • 2015.10.30 Friday
  • 23:59
ドキュメンタリー映画「はての島のまつりごと」
http://www.hatenoshima.com/
福岡上映会のお知らせ


沖縄県の最西端、台湾と隣り合わせの島・与那国島での陸上自衛隊配備問題に翻弄される島の人々の暮らしと習俗を描いたドキュメンタリー映画「はての島のまつりごと」(監督・撮影・編集:土井 鮎太)の福岡上映会がおこなわれます。
今年8月に福岡で初上映されましたが、今度は福岡在住のフォトグラファー亀山ののこさんや、同じく福岡在住の弁護士、後藤富和さんと監督とのクロストークが上映後にあります。
福岡のみなさまのご来場お待ちしてます。


・日時:
▼10月31日(土) 午前・午後の2回上映

【午前の部】 9:50上映(9:30開場)〜12:20
※上映後 監督×亀山ののこ(フォトグラファー)トーク

【午後の部】13:30上映(13:10開場)〜16:00
※上映後 監督×後藤富和(弁護士)トーク


・会場:
▼福岡市立中央市民センター 三階ホール
 福岡市中央区赤坂2丁目5番8号
 http://www.shinko-chuo.jp/access.html

※地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口を出て、赤坂西の交差点を左折(徒歩約5分)
 https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=zu_9yaAr-m14.kJBXGsgWpl2Q

 西鉄バス「赤坂門」バス停(明治通り)より、赤坂西の交差点を南へ徒歩約5分。
 同「警固町」バス停(国体道路)より北へ徒歩約3分。

 会場に駐車場はありますが台数に限りがあります。なるべく公共交通機関を御利用下さい。


・入場料:1000円(当日券のみ)/高校生以下無料

※託児の予約は締め切りました。

・主催:「はての島のまつりごと」福岡上映実行委員会
https://www.facebook.com/events/658751254225423/
問い合わせ:uketsuke●narayun-okinawa.link(深水) ※●を@に置き換えて下さい。


※※注意・お願い※※
  • 会場内からの来場者によるインターネット生中継(Ustream、ニコ生etc.)はクロストーク部分も含め一切お断り致します。また、主催者によるインターネット生中継もおこないません。
  • 映画上映中のホール内での動画撮影・録音等の著作権侵害行為は堅くお断り致します。
  • 映画上映中、お手持ちの携帯電話は必ず電源をオフにして下さい(マナーモードにしていても、シーンによってはバイブ音が響くことがあります)。
  • 会場内での飲食はできません。飲食はロビーにてお願いします。
  • 会場内は禁煙です。
  • 会場でのチラシ配布につきましては、当日受付にお持ちいただいても、実行委員会の配布物と一緒に入場者に配布することはできません(事前に受け付け、すでに締め切りました)。会場外で、各自の責任で配布される限りにおいては、実行委員会は関知致しません。また、ロビー内に置きビラのスペースを設けますので、各自の責任でビラや宣伝物を置くことが可能です(残ったものは必ず各自の責任で終了後回収して下さい)。但し、著しく上映会の運営の支障・妨害になると実行委員会が判断した場合は、個別にチラシ配布や置きビラをお断りする場合もあります。
  • 場内での販売行為は一切できません。
  • 当日、実行委員会が記録のため、クロストークの動画撮影を予定しています。
  • 映画についてのアンケートにご協力をお願いいたします。アンケート用紙は入場時にお配りします。なお、筆記用具の無い方は、受付に筆記用具を用意しておりますのでご利用ください。
  • 今回の映画の舞台となっております与那国島では、台風21号による被害を受けました。しかし、救済の手が行き届かず、復旧が遅れています。そこで、ロビーにおいて台風被害の実情をお知らせするパネル展示をおこなうと共に、被災者支援を目的とするカンパをお願いすることとしました(カンパ箱を設置致します)。皆さまからいただきましたカンパは、監督であります土井鮎太が責任をもって被災者へお届けいたします。皆様のご協力をお願いいたします。


【映画「はての島のまつりごと」について】
沖縄 与那国島
人口は1500人。日本の最西端に位置する国境の島です。
この島に自衛隊基地が配備されるという話になっています。
透き通る青い海でカジキを釣り、畑仕事に汗を流し、観光客を笑顔でもてなす、そんな島の人たちが基地配備に賛成と反対で分断されています。
この映画は自衛隊基地問題に翻弄される島の様子を、島の人々の営みを通して、3年間にわたり見つめ続けたドキュメンタリーです。
この島で起こっていることは、遠く離れた島の出来事ということで済まされる話ではありません。
これからの日本がどこに向かおうとしているのか、それが日本の端っこの、この小さな島に現れているのです。
また、自衛隊基地問題だけでなく、島の伝統行事をはじめ、おばあや子供たちの何てことのない日常、神の存在、島の唄などなど…小さな島のいろんな物事を一つの映画に詰め込みました。
この映画が、いまの与那国を知る、日本を知る一つのきっかけになればよいかと思います。(監督談)

映画「はての島のまつりごと」製作委員会(c) 2014年/145分/HD/日本

【監督・撮影・編集:土井 鮎太】
1977年東京生まれ。主にNHKの東北被災地関連の番組や紀行番組などのディレクターとしてテレビ番組制作に携わり、2011年より与那国島のドキュメンタリー映画製作に取り掛かる。映画は今回が初監督作。
与那国島には12年前に旅で訪れ、3か月ほど老人介護施設で働きながら滞在した。その時の縁から今回の映画製作に至った。

 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM