福岡YWCA「1日丸ごとPEACE館」に出展します

  • 2016.06.05 Sunday
  • 14:36
沖縄とむすぶ市民行動・福岡は、今年も福岡YWCA主催「1日丸ごとPEACE館」にパネル出展します。
御来場お待ちしております。
 

第40回 平和の集い
1日丸ごとPEACE館

http://tinyurl.com/pt7wxt4

福岡YWCAでは「平和の集い〜1日丸ごとPEACE館〜」とし人権が守られる「平和」な社会について考え行動につなげる1日としています。
今回は忘れられがちな“子どもの学ぶ権利”を取り上げ、フランスの多文化多国籍の子どもの適応クラスを描いた「バベルの学校」上映会、YWCA子どもの学習支援「ハッピースクール」報告会を行います。
午後は、安全保障関連法が成立し今後平和をどのように希求していくかを後藤弁護士に語っていただきます。夕方は“ならゆんおきなわ”勉強会を行います。
どなたでも御参加下さい。

日時:2016年6月25日(土)10時30分〜19時
場所:福岡YWCA会館
福岡市中央区舞鶴2-8-15(地下鉄赤坂駅3番出口より徒歩5分)
TEL 092-741-9251 E-mail fukuoka◎fukuoka.ywca.or.jp(◎を@に変えて下さい)
※お車で御来場の際は、近隣の有料駐車場を御利用下さい。この日は、朝晩の搬入出時の一時駐車を除き、開会中は関係者の車も含め一切の車の駐車はできません。

主催:福岡YWCA平和グループ
協力:沖縄とむすぶ市民行動・福岡

 
☆ドキュメンタリー「バベルの学校」上映
パリの多国籍多言語の子どもたちの適応クラスの1年間を描いたドキュメンタリー
「バベルの学校」
http://unitedpeople.jp/babel/
上映

24人の生徒、20の国籍、24のストーリー
フランス中を感動に包んだドキュメンタリー
母語も、文化も、宗教も、移住してきた理由もバラバラ。
世界の縮図のようなクラスが1年後にたどりつく先は…?

鑑賞料700円 高校生以下無料
  1. 10:30〜12:00
  2. 13:30〜15:00
  3. 16:30〜18:00

★12:00〜12:30 多国籍の子どもたちの学習支援「YWCAハッピースクール」の報告会を行います。
ハッピースクールは、日本語がわからないまま地域の小中高校で勉強している子どもたちを対象とした福岡YWCAの日本語教育と教科のサポートです。日本語の先生と学習指導ボランティアで行っています。子どもの学習支援、居場所つくりに関心がある方、困っているお子さんをご存じの方、どなたでもお越しください。

☆「安全保障関連法廃止に向けて」
講師 後藤 富和 弁護士 15:30〜17:00 無料
 
昨年夏、平和を希求する人々が安全保障関連法案に反対し、民主主義ってこれだ!と、“誰の子どもも殺させない”“再び戦場へ子どもたちを送らない”と自分の意志で声をあげ集まりました。大反対の声にも関わらず法案は通ってしまいましたが、今から廃止に向けてできることを、後藤弁護士とともに考えたいと企画しました。これからどうなっていくのか、どうすればいいのか 考えませんか。

○講師プロフィール
弁護士(大橋法律事務所 http://ohashilo.jp/ )。基本的人権の擁護と社会正義の実現を目指し、環境問題や平和問題、様々な人権課題、さらには憲法を守る活動について全力を挙げて取り組んでいる。市民と弁護士が行う憲法学習会「terra cafe kenpou」開催。

☆ならゆんおきなわ勉強会
「初めての辺野古、高江の今」 17:30〜19:00 会費500円
 
「ならゆんおきなわ」 http://narayun-okinawa.jimdo.com/ は、2014年11月に福岡市でおこなった映画「標的の村」の上映実行委員会でつながった人々を中心に、上映会終了後も沖縄のこと・基地のことを考え、何らかの形でかかわっていこう、と話し合い、2015年4月より隔月(偶数月)に1回、勉強会をおこなっています。「ならゆん」とは、うちなーぐち(沖縄のことば)で「学ぶ」という意味です。「沖縄のことを学ぶ」「沖縄に学ぶ」という二つの意味をかけています。
 
テーマ:「初めての辺野古」&「高江の今」

【初めての辺野古】:
今年1月、初めて、福岡から一人で辺野古のゲート前に赴いた女性がいました。彼女はなぜ、辺野古へ行こうと思ったのか? 辺野古へ行ってみて何を思ったか? その思うところを語っていただきます。
○お話:木戸 由里子 さん
福岡に住む会社員。楽しみながら社会問題を勉強する「ちゃり亭」「夜の大学生」などを企画。また、脱原発を中心にデモの賑やかし担当。ただいま、三線修行中。

【高江の今】:
沖縄島北部のやんばるの森の中につくられた米軍の北部訓練場。天然のジャングルの中につくられた訓練場で、米兵が実戦訓練をおこなています。隣接する東村高江の住民は、訓練場にオスプレイの発着施設がつくられるのを止めるため、座り込みを続けています。最新の高江の状況を報告します。
○お話:深水 登志子 さん
福岡に住む小学校教員。元・沖縄の東村高江の「ヘリパッドいらない」住民の会事務局で、現在 「Stop!沖縄新基地建設・福岡」代表。R.シュタイナーの「教育は社会運動である」との考えに共感し、教育を含めた自給自足生活の実現が夢。

☆沖縄とむすぶ市民行動・福岡
http://www.okimusu.info/
沖縄の米軍基地をとりまく状況についてのパネル・映像展示 終日・無料

☆Peaceカフェ
炊き込みご飯・パン・コーヒー・ジュースの販売

○福岡YWCA会館へのアクセス
http://tinyurl.com/j4qny75

福岡YWCA地図 ※カーナビやGoogleMapで住所で検索しても正しい場所が表示されないことがあります。この地図を御参照下さい。なるべく公共交通機関を御利用下さい。お車で御来場の場合は、周辺の有料駐車場を御利用下さい。当日、会場に駐車場はありません。路上駐車や会場前への無断駐車は御遠慮下さい。



 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM